HOME>ホットトピックス>証拠を集めることで慰謝料請求を有利にできる

離婚率の高まりによる需要が伸びている

撮影

日本社会が変容していて、離婚率も高くなってきています。そのため、離婚をする際に有利な条件を引き出すことを目的として、大阪などの大都市では探偵の需要が伸びています。配偶者の行動を監視して少しでもおかしなことがあれば、離婚協議の際に有利に交渉をすすめることができるのです。配偶者が不貞行為をしていた時の探偵の利用は抜群で、交渉に有利な材料の一つになりうるのです。最近では、女性の社会進出が進んでいることもあり、探偵を雇い離婚の条件を引き出そうとする人が増えているのです。

不倫の慰謝料請求を有利にするために

民法上では、不貞行為に対する慰謝料請求が認められています。その対象となるのは配偶者並びに不倫相手ですが、証拠がなければ慰謝料請求もままなりません。そこで、大阪の探偵を雇うことで地道に不倫の証拠を集め、慰謝料請求という攻勢に出ることができます。社会的にも不倫に対して厳しい目を向けられるようになりました。証拠が集まり次第弁護位に相談の上で、会社や自宅に内容証明を送りつければ、社会的な信用を失墜させ、有利に慰謝料請求の交渉を始めることができることから、探偵の利用が増えてきている状況にあります。

広告募集中